梅雨に現れるサムライ陣

現代社会ははたして便利で、
目移りするものがたくさんある。

そばの売り物どれを取っても、
昔より優れてる売り物ばかり。
やつが増加をすればするほど、
売り物も進化していってる。
当たり前の所作かもしれないけど…。

ただ、もっと思ってることがある。
一際変わってないものがある。
それは、梅雨になると邦人が持ち出す売り物。

…そんなに、傘である。

小学校の黄色い傘。
あれから彩りやがたいや銘柄は
年を重ねる度に手に取るものは
少しずつ変わってきたけど、
その性質や機能は世界的に見ても
あの時となんら変わらない。

『なんで進化しないんだろう?』

確かに今のままでも楽だけど、
骨は折れるし、畳むまま拳固は濡れるし、
しばしば置き忘れるし…盗まれちゃうし…。

折れない傘。独特を通す傘。
水分を吸い取る折り畳み傘の出来事。

確かに個々の心配を解決する傘は
昔よりかは増えてはきてるけど、
どれも中途半端な使い勝手ばかり。
色んなプロデュースが進んでいるけど、
総じて進んでないのに、ある意味でテレホンより
誰もが必要とする売り物。
ここにビジネスチャンスはある気はする。

傘の支払いが三国一多い我が国。
理由は分かる気がする。

梅雨の旬に
駅舎の最前で行き交う人々の後ろ姿。

サムライ我が国!

刺さなくてもすばらしい時世でも
一丸濡れない準備は真面目なのかもね^^;産後の抜け毛で悩む女性は多くいます